2017年9月7日木曜日

Windows Defenderが更新できない場合の対処法(Proxy設定)

外部へのアクセスがProxy経由に限定されている場合、Windows Defenderの定義ファイルは更新することができません。当然、Proxy設定しておくべきなのですが、
  • Windows DefenderにはProxy設定画面がない
  • OSのProxy設定を参照しているわけではない
というトラップがあります。これを回避するには、下記のコマンドを入力して別途Proxyの設定(WinHTTPのプロキシー設定)をします。
netsh winhttp set proxy proxy.xxxxx.xxx.xx.xx:8080
ただし、このコマンドには管理者権限が必要なので、管理者権限でコマンドプロンプトかパワーシェルを立ち上げて下さい。また、上記サーバー名やポート番号は例ですので、適切な名前を番号に変更して下さい。



2017年8月31日木曜日

マシン管理:ログオン要求できるログオンサーバはありません

Windowsのアクティブディレクトリなどでドメイン管理している環境において、
  • ログオン要求できるログオンサーバはありません
という意味不明なメッセージが出た場合の対処法です。

原因はサーバーが死んでいるかネットワークの問題
エラーメッセージが示している通り、「サーバーがありません」ということはこのいずれかです。ネットにつながっているようで、実はLANケーブルが中途半端だったりした時は
  • ネットにもつながっている(ウェブブラウジングできる)のに?
  • 自分の
と見逃しがちなので注意。私がこのパターンでハマりました。LANの口を今一度確認してみてください。